府中トン子のただいま迷走中

四方山話を書くブログです。

炎天下、赤子を連れて歩いていたら老婆に突然怒られた話

毎日毎日毎日本当に暑いですね。7月でこんなに暑いと12月はどれだけ暑いのでしょうか。・・というお決まりのジョークはこのくらいにして、こんな暑い日にはふと思い出すエピソードがあります。

 

我が子がまだ自分で歩けない赤ちゃんのころ、抱っこ紐で外出をしていたことがあります。30度を超えた暑い日でした。育児教室からの帰りで、やむを得ず炎天下を歩いていたのです。

 

すると、散歩中なのでしょうか。シーズーらしき小型犬を連れたおばあさんが「暑いねぇ~」と言いながらにこやかに近づいてきました。

赤ん坊を連れていると、おじいさんおばあさんによく声をかけられます。「男の子?」「今何ヶ月?」などを聞いて「かわいいね~」なんて言って目を細めて去って行かれます。

今回もそのパターンかなと思って「ホント、暑いですね~」なんて言って返すと、突然態度が急変し、「こんなに暑いのに赤ちゃんを外に出したらダメよ!かわいそうじゃないの!」と怒り出したのです。

 

今までにないパターンでした。これがネットでよく言われているやつかと思いました。

 

見ず知らずの人(特に年配の女性)が、子育てについてあれこれコメントしてくるというアレです。

「一人っ子なのはかわいそう」「男の子だけなんてかわいそう」に始まり、「靴下履かせていないなんてかわいそう」「子供に紐付けて(歩き出して目が離せない子の迷子・事故防止につけるハーネス)犬みたいでかわいそう」などなど、「かわいそう」を連発し、子供を心配する風を装ってあれこれ口出しするというものです。

 

これが身内であればまだ耳を傾けることが出来ます。文字通り他人事ではないわけですし、身内なら「靴下は履かせていたけど途中で片方失くしてしまったからもう片方も脱がせたんだ」、など事情を説明することができるからです。子育てについてわからないことや知らないことだらけなので、事情が分かったうえでのアドバイスはすごく貴重でありがたいものなのです。

 

しかし、シチュエーションの断片を切り取り、自分の子育て論に照らし合わせて一方的な説教やコメントをするのは少々モヤります。

しかも優しい顔で近づいてきていきなり怒り出すのはナイと思います。

 

このまま言われっぱなしなのも釈然としないので、私はおばあさんに対して「そうですね、熱中症にならないように注意します」と受けたうえで、視線をシーズーに向け「ワンちゃんも毛むくじゃらだから暑そう。こんな昼間に外に出したらかわいそうですね」と言いました。

 

おばあさんはムッとした表情を浮かべて、「今日は朝散歩に行けなかったから昼になったのよ!」と吐き捨てるように言ってその場から去っていきました。

 

おばあさんに事情があるようにこっちにだって事情があるんだぞ、と思いながらバスに乗り帰宅したのでした。

 

 

いやー暑いと、人はいつもの5倍くらいイラつきますね。殺伐とします。みなさんも暑さでイラついたら冷たい飲み物でも飲んでクールダウンしてこの夏を乗り切りましょう!

人目気にしてしまうあなたへ

このブログを読んでいただいて薄々お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、私は人の目を気にするタイプです。反対に人のこともいろいろ気になってしまいいちゃもんをつけたくなってしまうタチです。

 

先日知人と話していて「ふむ」と思ったことがありました。その方は結婚して、実家のある広島を出てご主人の住んでいる今の街(数百キロ離れた街)に移り住んでいます。

初対面の人と話をするとき、「私は広島出身で・・」という話題になることがよくあるそうです。すると、一瞬相手の顔が曇ります。

「結婚してこちらにやってきました」というと合点がいったようで顔が和らぐのを感じます。

次に相手が「ご主人はこちらの方なんですか?」と聞くので「いえ、違います」と答えるとまた曇ります。

「夫の仕事でこちらに住むことになったのです」というと、和らぐ。

相手が「じゃあ転勤でまたどちらかに移るのですか?」と聞くので「いえ、転職したのでずっとこちらです」と答えると顔が曇る。

 

人はそれぞれ「この場合はだいたいこのパターン」というステレオタイプを持っています。

この聞いたやりとりだと、地元とは違う街に移住してきた場合、転勤で否応なくやってきたというパターンがしっくりきたのだと思われます。

結婚してないけど彼を追って移り住んだとか、日本地図にダーツを投げたらこの街が当たったから移り住んだなんて言うのはしっくりこない答えだから顔を曇らせてしまうのだと思います。

 

これに似たやり取りってどこにもあると思うのです。そしてそのステレオタイプの呪縛にとらわれてしまうことも珍しくありません。

学校を卒業したら、仕事に就き(正社員が望ましい)しかるべき年齢になれば結婚し(離婚しないことが望ましい)、しかるべき年齢になれば子供を持つこと(2~3人が望ましい)が一般的とされます。

さらに仕事のやり方、結婚相手の選び方、子供への教育、趣味、友人や親とのかかわり、公共の場での立ち振る舞いなどなど「こうあるべき」は探せばキリがありません。人の目が気になる人にとって例えば自分が退職したり、独身や子なしである場合には合点のいく説明が求められているようなプレッシャーを感じます。

 

今まさに人生の岐路に立っている人は、そんな人の目が気になって身動きが取れない人もいるのではないでしょうか。

 

でもそんなとき思い出す出来事があります。

大したことではありませんが、ずっと昔にフランスのパリを旅行していたときのこと、肩から下げていたショルダーバッグが重すぎて肩が壊れそうになったため頭にのせて歩くことにしました。

旅の恥は掻き捨てだい!と思って歩いていましたが、誰も白い目で見ることはありませんでした。別の日に普通にベンチに座っていると、おじさんがやってきて好奇心いっぱいの目で「お前は中国人か」と聞いてきました。

私がこうしたらヘンかなと思っていることなんて私の生まれ育った環境での尺度でのことで、その環境から離れてしまえば気にされなかったり、そんなことより他のことに引っかかれたりするわけです。

 

仕事に関してでいえば終身雇用なんて能力や時間を無駄にしていると考える環境もあるでしょうし、昼寝もせず朝から晩まではたらくなんてありえない!という環境もあるでしょう。狩りをするのが仕事の人にとって決まった時間に決まった場所に行ってキーボードをポチポチ叩くのが仕事なんて理解されないかもしれません。

 

つまり人の目を気にしていてもキリがないということです。それでも気になっちゃうというのであれば、世界中を旅してその考えを吹き飛ばすか、もしくは自分の生きやすい環境を見つけて精一杯、人目を気にして生きていけば今よりはマシでしょう。

 

私はと言えば、先日公園に娘を連れて行った時のこと、通りすがりのおばあさんにボーイッシュなファッションで眉毛の凛々しいわが娘を男の子と間違われたのにも関わらず、へらへらごまかしてその場を去りました。めっちゃ人目気にしてるやん!

今日は私の子供がらみで親しくしているいわゆる「ママ友」のご主人がなんとなくツボなので取り上げたいと思います。

 

仮にママ友をC子さん、ご主人をC夫さんとさせてください。

 

子ども同士が仲良しなのですが、まだ年齢が小さいのでお互いの家を行き来する機会も多くたまにご主人と顔を合わせることがあります。

 

C子さんは見た目華やかで社交的、なかなか気の強・・コホン、芯のしっかりした女性で自分のゆるぎない価値観を持っています。

子どもに対しても教育熱心で将来の可能性を広げるためには早期の教育が肝心だと思うの、と英語教室や水泳にピアノに始まり今はやりのプログラミング教室にも通わせています。

 

女性は男性に守られて大切にされるものという、1980年代のOLのような価値観を持っていてそれを叶えてくれる人と結婚したのだと語っていたことがあり、ご主人がどんな人なのだろうと俄然興味が湧きました。きっと石黒賢みたいな人なんだろうなあ、トレンディだなあと思っていました。

 

ある土曜日、C子さんの子どもは平日お稽古でなかなかうちの子と遊べないので、C子さんのお宅にお邪魔して遊ばせていただくことになりました。

ご主人がお休みで家にいるとのことだったので、遠慮したのですがC子さんは「いいのいいの。うちの旦那のことなんて何も気にしないで~」ということでした。

石黒賢じゃなくて風間トオルみたいなタイプかなあ、トレンディなんだなあと思って訪問の日を楽しみにしていました。

 

当日、玄関で出迎えてくれたのはトレンディはトレンディでもトレンディエンジェルの斎藤さんでした。

 

長くなってしまいました。C夫さんのことについては次回お話します。今日はこのへんで。

大根役者と呼ばれて

皆さんは見ていますか?ドラマ「あなたのことはそれほど(以下あなそれ)」。

私は日ごろドラマを見る習慣がないのですが、この春は少しテレビのある環境にいたこともあり「あなそれ」と、「フランケンシュタインの恋」、「小さな巨人」を何気なく見ていました。

途中でテレビのない生活に戻り、そのタイミングで「小さな巨人」は脱落したのですが、「あなそれ」と「フランケンシュタインの恋」はTVerで見続けています。(便利な世の中になりましたネ)

 

「あなそれ」は最初こそ、波瑠演じる渡辺美都と鈴木伸之演じる有島光軌のゲスいW不倫にイラつき、テレビに向かって二人に口汚く罵ったりしていました。

大概のドラマは主人公に共感や同情を持つものですが、「あなそれ」に関しては全く同情も共感もさせてくれません。

すがすがしいくらいアホな主人公はこのようなテレビドラマではなかなか珍しいように思います。それがこのドラマの新鮮なところであり、魅力と言えます。

 

ですが、回を追ううちにふと気づいたことがありました。

 

東出昌大演技上手くなってね??

 

東出昌大さんの演技は少々アレなことはご存知の方も多いと思います。

どれくらい世間に下手と思われているかというと、Yahoo!で「東出昌大」を検索すると関連検索ワードに「東出昌大 演技 下手過ぎる」と出てくるくらいです。

 

私が彼を初めて知ったのは映画「桐島、部活やめるってよ」でした。

主要キャストに抜擢された東出さんの役どころは、スクールカースト上位の男子高校生でイキがることはないがなんでもそこそこカッコよくこなすため周りから一目置かれた存在だったと思います。たぶん。

 

セリフも少ないし、感情を表にあまり出さない役だったため演技が悪目立ちをするということもなかったように思います。

 

「桐島~」のヒットに乗じて東出さんにも注目が集まり、その後もドラマや映画に出ることになります。私がその次に彼を見たのが朝ドラの「ごちそうさん」でした。

棒読みにつぐ棒読みで一話見ただけでいたたまれなくなり「ごちそうさん」とつぶやいてみるのを止めました。

 

東出さんはその後も大根役者の異名を欲しいままにしつつ、数々の作品に起用されます。

 

このイケメン俳優戦国時代のご時世、見た目が良くて演技もそこそこできる俳優はたくさんいるのにどうして東出さんにオファーがくるのか。

 

東出さんはイケメン俳優の中でも一度見たら忘れない顔だからだと思っています。

正直、私くらいの年齢でも、山﨑賢人と賀来賢人の違い、瀬戸康史千葉雄大の違いがもうわからなくなってきています。

というかどっちでもええんちゃう?とさえ思ってしまいます。

 

東出さんはというと80代の私の祖母でも認識できるのです。これって俳優さんにとって大切なことですよね。

 

しかしいかんせん大根役者なのです。俳優にとっては致命的です。ドラマを没頭してみようとしても演技が下手だとツッコミモードに転じてしまい、純粋に内容を楽しむことが出来なくなってしまいます。

 

「あなそれ」が始まる前には「おいおい、チミは作品の邪魔をしないでおくれよ」と思っていました。

 

正直、棒読みはまだ残っています。しかし彼が演じる渡辺涼太の嘘くさい程いい人なキャラクターには違和感はありませんでした。

「桐島~」の時のように役の雰囲気でごまかせる系だと思います。

 

次第に妻である渡辺美都の不倫を疑うようになり、涼太の内にある猟奇的な部分が見え隠れしてきます。

美都の前の穏やかな顔と裏腹に、美都が寝た後にスマホをチェックする様子はぞっとさせるものがあります。

また不倫していることを知っていると美都に告白するシーン。

感情を爆発させ、別れを言い渡すかと思いきや、「それでも愛し続ける」と不気味に明るい笑顔を振りまく演技はもうイケメン俳優とは思えない気持ち悪さが滲み出ます。

 

これって上手いってことですよね。

 

私は反省しました。あなたのことをどれほど見くびっていたでしょうか。これじゃ「あなどれ」です。実際見ていない間に一皮むけて侮れない俳優に成長していたのですね。

・・ええ、うまいこと言うたつもりです。

 

楽しみにしていた「あなそれ」も残すところあと一回。東出さんは最後どのような演技で私を魅了してくれるのか楽しみです。そして今後の東出さんを注目していきたいと思います。

 

J-WAVEを聴いてみたら

これまで頑なにひとつのAMラジオを朝から晩まで聞き続けていたわけですが、やはり土日のAMはきついということで、この6月からとうとうJ-WAVEを取り入れることにしました。

 

いやー、オシャレの一言に尽きます。

 

同じ自宅で聴いているのに見る景色が違ってくるのだから不思議です。

おしゃれ過ぎて普通に皮をむいてそのまま食べていたバナナを、ひと手間加えてスライスしパンにのせてシナモンを振りかけてトースターがないので魚焼きグリルで焼いて食べてしまいました。

シナモンと昨日焼いた鮭の残り香が相まって異様な香りに包まれましたが、これは今の私の中で起きるまさに象徴的な出来事といえましょう。

 

流れる音楽も違いますのでね。

 

J-WAVESuchmosや10何年ぶりに新曲を出したMONDOGROSSOが都会的に流れるのに対して、AM(私が聴いていた)は精一杯都会的な選曲でアルフィー稲垣潤一でしたから、この違いは歴然です。

 

DJももちろん違いますのでね。

 

若干英語訛りのハーフの人が多いJ-WAVEに対し、お国訛りの地方タレントや加藤諦三さん(ラジオ人生相談でおなじみの名物パーソナリティ)ですからその違いは歴然なのです。

 

AMをdisってるわけではありません。どちらがいいとは言い切れないのです。

 

AMの魅力はなんといっても野球中継ですし、夜にクスクス笑いながら聴くバラエティ番組であります。特にバラエティ番組は継続して聴くことで一種の友達のような親しい笑いを得ることが出来ます。これはスカしたJ-WAVEでは味わうことが出来ません。

 

J-WAVEはフォローしているのに対して、AMは肩を組んでともに一日を過ごす存在というのがしっくりきます。いずれも日常生活に潤いをもたらしてくれることには変わりありません。

 

これからも使い分けでラジオの海を泳いでいきたいなと思います。

 

 

友人Aがやってきた。

以前「友人宅にて」で取り上げた高校時代からの友人Aが我が家にやってきたときのことを想いだしたので今日はそれについて書きます。

 過去記事はこちら

huchu-ton.hatenablog.com

huchu-ton.hatenablog.com

huchu-ton.hatenablog.com

 

私は出産し、赤ん坊の子育ての真っ最中のころでした。

 

まだ生後1か月も経たないときにAからメールがあり、「お家にお邪魔したいのだけどいつがいい?」と尋ねてきました。

赤ちゃんの生後1か月までは免疫力も低いため外出は控え、人の出入りも極力控えることが最近では一般的であるように思います。母親も、出産と産後の子供のお世話で身体がガタガタな頃でもあります。

 

私は「〇日に1か月健診があるのでそれが終わってから連絡するよ」と返しました。〇日が過ぎ早速Aから「〇日が過ぎたけどいつがいい?私は△日、×日、□日がいけるよ」とメールが来ました。

 

こちらから連絡すると言ったのに早速かよ!と思いながら日にちを決めました。その数日後「旦那も赤ちゃんを見たいと言ってるんだけどいい?旦那が一緒なら食べたいお菓子を買わせて持っていくよ」というメールが来ました。

過去記事のとおり、別に私はそのご主人と親しいわけではありません。ただ、Aの家に行くともれなく彼がいて、もれなく会話するところに同席していて、もれなくとなりでひっそりと相槌を打っている、それくらいの関係性です。

それにAはいつもAの夫をコケ落としていて、嫌悪感をあらわにしています。それなのに何故二人でわざわざ来る必要があるのでしょう。

 

ちなみに私の夫はAに会ったことはなく「家族ぐるみの付き合い」というわけでもないのです。

 

二人で来ることが本当に謎すぎます。

AやAの夫にとって私は二人で訪問することが当然なくらいの仲良しだと思っているのでしょうか。それともアメリカンナイズされていて、行動は夫婦単位で、という考え方の持ち主なのでしょうか。

 

しかし、Aは来てよくてAの夫には遠慮してもらう理由も見つからず、「どうぞ」と受け入れることにしました。

 

私は当時子供に母乳を与えていましたので、二人が訪問中に授乳することがないよう訪問予定時間に合わせて、子供にたっぷりと母乳とミルクを与えておきました。

 

これで3時間はぐずらずにいてくれるだろうと思った矢先、Aからメールが来ました。

「ゆっくり昼食を食べて、お土産のお菓子を作っていたら出るのが遅くなっちゃった。のんびり待っててね」とのこと。

 

これまでなら「ほうほうそれならのんびり待っておこう」と思えるところですが、こちらは子供がぐずらないように逆算して授乳をしてたのが台無しになってしまったので穏やかにはいられません。

そして『私の好きなお菓子を買ってくれるために旦那を連れていくということだったのに手作りするなら連れてくる理由なくね?』ともツッコミを入れずにはいられませんでした。

 

予定から遅れて夫妻は到着し、手作りのお菓子を食べ雑談を交わしました。するとそれまですやすやと眠っていた子供がお腹を空かせてぐずり始めました。

 

授乳をせざるを得ず、二人に断って彼らに背を向けて部屋の隅で授乳を始めました。二人は気を遣ってキッチンの方に移動していたのですが、手持無沙汰になったのかキッチンにあるものについて「このお菓子食べたことないね」とか「ここの魚焼きグリルは両面焼きだね」などと会話していました。私の方を見ないようにした配慮はありがたいのですが、キッチンのことをあれこれみられるのも恥ずかしくて戸惑いました。

 

その後しばらくして二人は帰っていきました。そのときは、二人に対して苛立ちの気持ちが強かったように思います。しばらく日を置いて彼女たちの立場に立ってみることにしました。お祝いを渡しに行ったのに子供はワーワー泣き出すし、いきなり同じ部屋で授乳し始めてどうしていいかわからなかったという風に感じているかもしれません。

 

授乳のために別室に移動した方がよかったのか、旦那さんが来るのを断った方がよかったのか・・

仮に旦那さんの訪問を断ったとしてもA単独でも何らかのモヤつきを残して去っていくと考えられるので、初めからAの訪問を受け入れない方がよかったのかもしれません。

 

Aの押しつけがましさは相変わらずですが、良かったことを見つけるとすればこの日はAのAの夫に対する態度が柔らかかったことでしょうか。二人だけで休日を過ごしても楽しく過ごせるようにさらに仲良くなってもらいたいものです。

臍の形

私は自分の外見に全く自信がありません。思春期の頃は、目が二重だったらとか、鼻があと5ミリ高かったらとか、足がもう少し長かったらとか、鏡を見れば数えきれないほどのコンプレックスがあったものです。

 

 

歳を重ねるうちに、生まれ持ってきたものだから嘆いていてもしょうがないとあきらめてみたり、他にも悩まないといけないことがたくさんできたことで、外見のことは気にならなくなりました。

 

 

そんな私ですが、外見の中で満足しているパーツもあります。それは耳の形と、おへその形です。

意外と耳が大きすぎたり、妙に前に向いていたりしてそれを気にしている人もいます。でべその人も人前で出したくないという話を聞いたことがあります。

 

私の耳は全体的な大きさから、穴の開き具合、耳たぶの厚さや大きさ、どれを取ってもお手本のようにキレイと言えます。

へそも縦長ですっきりしたクールな形だと自負しています。

 

ところがこの数少ない自慢できるパーツに異変がありました。
妊娠出産を機にへその形が大幅に変わってしまったのです。

 

妊娠時、お腹は徐々に膨れていき、それに伴いへそも内側から押し上げられることででべそに近い形にまで変形していきました。

しかしこれは一時的なことで、出産すればまた元の形になるだろうと信じていたのです。

むしろ膨れて普段届かなかったへその奥が表面に近くなったことでへそのゴマが取りやすくなり喜んでさえいました。

 

出産後、だんだん腹はへこんでいき、妊娠前の状態に戻っていきました。ところがどうでしょう。

へその穴は元の縦長の形に戻らず、直径1センチの穴ぼこが開いた状態になってしまったのです。

以前のクールな佇まいは鳴りを潜め、だらしないカルデラ湖のような形になってしまいました。

 

数少ないチャームポイントを失いたくないので、なんとかならないかと腹筋を続けていますが変わりは見られません。私は知らない間に大事なものを失ってしまったのです。。

 

諸行無常、ずっと同じでいられるなんてありえないことですね。そう感じました。

また新しいチャームポイントを見つけることにします。