読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

府中トン子のただいま迷走中

四方山話を書くブログです。

友人Aがやってきた。

以前「友人宅にて」で取り上げた高校時代からの友人Aが我が家にやってきたときのことを想いだしたので今日はそれについて書きます。

 過去記事はこちら

huchu-ton.hatenablog.com

huchu-ton.hatenablog.com

huchu-ton.hatenablog.com

 

私は出産し、赤ん坊の子育ての真っ最中のころでした。

 

まだ生後1か月も経たないときにAからメールがあり、「お家にお邪魔したいのだけどいつがいい?」と尋ねてきました。

赤ちゃんの生後1か月までは免疫力も低いため外出は控え、人の出入りも極力控えることが最近では一般的であるように思います。母親も、出産と産後の子供のお世話で身体がガタガタな頃でもあります。

 

私は「〇日に1か月健診があるのでそれが終わってから連絡するよ」と返しました。〇日が過ぎ早速Aから「〇日が過ぎたけどいつがいい?私は△日、×日、□日がいけるよ」とメールが来ました。

 

こちらから連絡すると言ったのに早速かよ!と思いながら日にちを決めました。その数日後「旦那も赤ちゃんを見たいと言ってるんだけどいい?旦那が一緒なら食べたいお菓子を買わせて持っていくよ」というメールが来ました。

過去記事のとおり、別に私はそのご主人と親しいわけではありません。ただ、Aの家に行くともれなく彼がいて、もれなく会話するところに同席していて、もれなくとなりでひっそりと相槌を打っている、それくらいの関係性です。

それにAはいつもAの夫をコケ落としていて、嫌悪感をあらわにしています。それなのに何故二人でわざわざ来る必要があるのでしょう。

 

ちなみに私の夫はAに会ったことはなく「家族ぐるみの付き合い」というわけでもないのです。

 

二人で来ることが本当に謎すぎます。

AやAの夫にとって私は二人で訪問することが当然なくらいの仲良しだと思っているのでしょうか。それともアメリカンナイズされていて、行動は夫婦単位で、という考え方の持ち主なのでしょうか。

 

しかし、Aは来てよくてAの夫には遠慮してもらう理由も見つからず、「どうぞ」と受け入れることにしました。

 

私は当時子供に母乳を与えていましたので、二人が訪問中に授乳することがないよう訪問予定時間に合わせて、子供にたっぷりと母乳とミルクを与えておきました。

 

これで3時間はぐずらずにいてくれるだろうと思った矢先、Aからメールが来ました。

「ゆっくり昼食を食べて、お土産のお菓子を作っていたら出るのが遅くなっちゃった。のんびり待っててね」とのこと。

 

これまでなら「ほうほうそれならのんびり待っておこう」と思えるところですが、こちらは子供がぐずらないように逆算して授乳をしてたのが台無しになってしまったので穏やかにはいられません。

そして『私の好きなお菓子を買ってくれるために旦那を連れていくということだったのに手作りするなら連れてくる理由なくね?』ともツッコミを入れずにはいられませんでした。

 

予定から遅れて夫妻は到着し、手作りのお菓子を食べ雑談を交わしました。するとそれまですやすやと眠っていた子供がお腹を空かせてぐずり始めました。

 

授乳をせざるを得ず、二人に断って彼らに背を向けて部屋の隅で授乳を始めました。二人は気を遣ってキッチンの方に移動していたのですが、手持無沙汰になったのかキッチンにあるものについて「このお菓子食べたことないね」とか「ここの魚焼きグリルは両面焼きだね」などと会話していました。私の方を見ないようにした配慮はありがたいのですが、キッチンのことをあれこれみられるのも恥ずかしくて戸惑いました。

 

その後しばらくして二人は帰っていきました。そのときは、二人に対して苛立ちの気持ちが強かったように思います。しばらく日を置いて彼女たちの立場に立ってみることにしました。お祝いを渡しに行ったのに子供はワーワー泣き出すし、いきなり同じ部屋で授乳し始めてどうしていいかわからなかったという風に感じているかもしれません。

 

授乳のために別室に移動した方がよかったのか、旦那さんが来るのを断った方がよかったのか・・

仮に旦那さんの訪問を断ったとしてもA単独でも何らかのモヤつきを残して去っていくと考えられるので、初めからAの訪問を受け入れない方がよかったのかもしれません。

 

Aの押しつけがましさは相変わらずですが、良かったことを見つけるとすればこの日はAのAの夫に対する態度が柔らかかったことでしょうか。二人だけで休日を過ごしても楽しく過ごせるようにさらに仲良くなってもらいたいものです。

臍の形

私は自分の外見に全く自信がありません。思春期の頃は、目が二重だったらとか、鼻があと5ミリ高かったらとか、足がもう少し長かったらとか、鏡を見れば数えきれないほどのコンプレックスがあったものです。

 

 

歳を重ねるうちに、生まれ持ってきたものだから嘆いていてもしょうがないとあきらめてみたり、他にも悩まないといけないことがたくさんできたことで、外見のことは気にならなくなりました。

 

 

そんな私ですが、外見の中で満足しているパーツもあります。それは耳の形と、おへその形です。

意外と耳が大きすぎたり、妙に前に向いていたりしてそれを気にしている人もいます。でべその人も人前で出したくないという話を聞いたことがあります。

 

私の耳は全体的な大きさから、穴の開き具合、耳たぶの厚さや大きさ、どれを取ってもお手本のようにキレイと言えます。

へそも縦長ですっきりしたクールな形だと自負しています。

 

ところがこの数少ない自慢できるパーツに異変がありました。
妊娠出産を機にへその形が大幅に変わってしまったのです。

 

妊娠時、お腹は徐々に膨れていき、それに伴いへそも内側から押し上げられることででべそに近い形にまで変形していきました。

しかしこれは一時的なことで、出産すればまた元の形になるだろうと信じていたのです。

むしろ膨れて普段届かなかったへその奥が表面に近くなったことでへそのゴマが取りやすくなり喜んでさえいました。

 

出産後、だんだん腹はへこんでいき、妊娠前の状態に戻っていきました。ところがどうでしょう。

へその穴は元の縦長の形に戻らず、直径1センチの穴ぼこが開いた状態になってしまったのです。

以前のクールな佇まいは鳴りを潜め、だらしないカルデラ湖のような形になってしまいました。

 

数少ないチャームポイントを失いたくないので、なんとかならないかと腹筋を続けていますが変わりは見られません。私は知らない間に大事なものを失ってしまったのです。。

 

諸行無常、ずっと同じでいられるなんてありえないことですね。そう感じました。

また新しいチャームポイントを見つけることにします。

ムネリンの年俸

プロ野球が開幕しました。

WBCもなんだかんだ言って楽しませてもらいましたが、いよいよ本シーズンが始まります。

 

WBCをきっかけに、ひいきのチーム以外にも興味が湧き、ライバルチームであるホークスやパリーグカープなどにも注目をするようになったのが大きな収穫です。

 

ここへきて、ホークスに移籍のニュースが舞い込んできました。

 

カブスから契約解除されたムネリンこと川崎宗則内野手ソフトバンク電撃復帰です。
ムネリンの事は海外のスポーツニュースでハイテンションの片言英語でインタビューを盛り上げたり、イチローが好きすぎる人というエキセントリックな印象しかありません。


契約解除されてしまったものの、カブスのファンにとって記憶に残る選手だったのではないでしょうか。

 

誰もが知っているムネリンを招き入れたソフトバンクは話題性としは抜群の選択でしたが、
ムネリンも35歳、守備に定評があるとはいえ、これから先の現役人生は右肩上がりとはいかないでしょう。そして内野手であるムネリン、松田宣浩選手や、今宮健太選手などスター選手揃いのソフトバンクでは内野争いが激しく入り込む余地がありません。

 

それでもソフトバンクがムネリンを獲得したのは、話題性という部分が大きいように思います。契約金は9000万円とのことですが、それだけ支払っても経済効果が見込めるものなのか甚だ疑問です。ニューヨークメッツから移籍された松坂と似た雰囲気を感じます。松坂の時は、12億円の契約だったのでさらに無駄使い感が否めません。

 

ソフトバンクホークスの母体はご存知ソフトバンクです。機種の割引を餌に長期契約を結ばせたり、一年のごくわずかの期間以外の契約解除には違約金を設けたり、機種変をするタイミングで新料金プランに変更を余儀なくされ、速度制限を課してきたりとアコギなやり方でチャリンチャリンとせしめてきた利益の一部は、流れ流れて彼らの契約金になっているかと思うと何とも言えない気分になります。

 

私はそんな料金体系に嫌気がさしてすでにソフトバンクとの契約は解除し、格安SIMに乗り換えました。契約に関してはムネリンとは入れ違いになったわけです。

 

ともあれ今期ムネリンの勇姿を見られることをライバルチームを応援しつつ楽しみにしています。

 

ドミノピザのテイクアウトをしてみたズラ

今日の晩御飯はピザでした。

 

ドミノピザの店舗が近くにあり、「(テイクアウト限定)2枚買うと半額」というのぼりが立っていて前々から気になっていたのです。普段はピザハット派なのですが、安いし試してみようと思いました。

 

 

デリバリーしてもらうほどの距離ではないので、取りに行くだけで半額になるのはありがたいサービスです。そして、ピザ店の側からしても2枚で半額にしても利益が出るわけですから、デリバリーで店員に持ってこさせることがどれだけコストがかかるか推して知るべしでしょう。

環境にもいいし、なんていいことをしているだろうと気分が良くなってきました。

 

 

まずネットで予約してから指定の時間に取りに行きました。その店舗は通りに面した作りでガラス張りになっていて、調理なども外から見られるようになっています。
店内には調理の女性店員2名と、それ以外の男性店員3名がいました。

 

誰も客はおらず、店員しかいないため男性同士はじゃれあっていて、それを見ながら女性店員も楽しそうに笑っていました。

もう大学のサークルのような雰囲気です。もはや、こんなに楽しいのにバイト代もらっていいの?っていうような感じです。

 

私がドアを開けて店内に入ると、急に静まり「いらっしゃいませー」と無機質な挨拶がこだまします。

「予約していた府中トン子です」と伝えると、今まで盛大にふざけていた男性店員も急に神妙な面持ちとなり、オーダーを確認します。

リーダーと思しき男性店員もキリリとした表情で、ピザを袋に詰めていました。

 

 

なんというか、今まで楽しくやってたのにとんだおじゃま虫が入ってきたぜ、という状態です。ふざけ倒して女子に面白いオレを見てもらうとこだったのにテイクアウトに来やがってと思われているのかもしれません(被害妄想)

 

 

私も昔々コンビニでバイトをしていました。

お客さんがいないときに店員同士話が盛り上がってきたときに誰か来ると、あからさまにふてぶてしい態度で接客した記憶があります。それと同じ気持ちでいるような気がします。

 

しかし、私がデリバリーにしなかったことで彼らはおしゃべりする時間が生まれたわけで、感謝してもいいと思うんです。なんなら、

その楽しいムードで私を迎えてくれたっていいわけです。

 

クレームめいたことを言ってしまいました。ちょっと仲間はずれみたいな気持ちになって寂しかったことを今日は吐き出してみました。

 

味を含めて総合的に判断した結果、次回からはやはりピザハットにしようと思ったのでした。

S教授との思い出

世間はそろそろ卒業のシーズンでしょうか。

 

謝恩会などに参加するであろう大学生を見かけると、自分の学生時代特にゼミの担当教員であるS教授のことを想いだします。

 

大学に入る前は教授というと、気難しいおじいさんというイメージがあったのですが、このS教授は全く異なった人物でした。

 

オープンキャンパスに行ったときだったか、入学後のオリエンテーションだったか忘れましたが、S教授の話を聞く機会がありました。

 

清潔感があり流行を意識したジャケットとパンツを着たS教授。年齢も40代半ばと、思っていたより若い印象の先生でした。話し方、声の抑揚やボリューム、説明の内容や、スライドのまとめ方もわかりやすく大学教授というよりは人気予備校講師のような雰囲気と言った方がしっくりくるような方でした。

 


こんな先生もいるのだなと驚いたことを覚えています。

 

 

S教授のゼミは、当時では珍しく企業とのコラボレーションなどを絡めた「意識高い系」なものでした。

かっこいいと思った私はそのゼミを選んだのですが、さすが意識高いだけあってゼミ活動は真剣そのもの、ゼミの時間以外もゼミ仲間で集まり資料の作成やミーティングを重ねる毎日。「ここ2週間ゼミの連中としか口きいてないわw」という状態でした。

 

 

S教授もそんなゼミ作りをされているだけあって、指導も熱心な方でした。フラットで風通しのよいゼミ環境を目指しておられたS教授。ゼミ飲み会や、夏の合宿にも必ず参加され学生と文字通り膝を突き合わせてとことん付き合ってくれました。

 

 

S教授は教員だからと一線を引くことをしないため、飲み会の席でも学生が「ちょっと先生全然飲んでないじゃないですか~」とビールをつぐと「おいおい、飲ませ過ぎだぞ~」とノリよく飲み干してくれます。

 

会計の時になると、「先生ごちそうさまです!」というと、「おいおい、全部俺に払わせる気か~?」といいながら、ゼミ生15人分の会計を済ませてくれました。

 

「先生、花見するんで公園の場所取りしておいてくださいね」
「先生、みんなの分のパン買ってきてもらっていいですか~?」
「先生、焼きそばパン頼んだのより1個足りないんすけど」

 

なんてことを調子に乗って言ったとしても「おいおい、お前たち遠慮ないなあ」と言いながら受け入れてくれそうな人でした。

 

 

「おいおい、駅前で胴上げはやめろよ~」
「おいおい、川に落とすふりはやめろよ、怖いから」
「おいおい、びしょ濡れのまま帰れっていうのか?」

 

 

と笑いながらひたひたとみんなの後をついてきそうな人でした。

 

 

ここまでエスカレートしたら怖いですよね。やはり学生も教員も適度ば距離感が大切な気がします。

 

毎年、卒業の光景を見かけるたびにS教授のことを想いだし、こんなことを妄想して当時のことを懐かしんでいます。

 

ご卒業おめでとうございます。