読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

府中トン子のただいま迷走中

四方山話を書くブログです。

薄幸な女

男性のみなさん、「薄幸そうな女性」についてどう思いますか?
好きな女性のタイプは?と聞かれたときに「幸が薄そうな人」という人はまずいません。
大概、「明るい」「ポジティブで前向き」「一緒にいて楽しい」「癒してくれる」など、薄幸とは真逆の性質が挙げられていることが多いです。

 

 

私自身も、仕事で嫌な事があった日も、お腹が痛いときも、努めて明るくふるまうことが最善と考えていました。それは対異性というだけではなく相手に好感をもたれるにはそうすることが大切だと思っていたのです。

 

 

その反面、薄幸そうな女性がモテるという話もたまに聞きます。
数年前まで都市伝説だと思っていたのですが、出会ってしまったのです。今日はそんな幸薄女性のお話をしたいと思います。

 

 

彼女は40代前半の独身女性、年齢に合わずとても華奢でかわいらしい外見をしています。ウィスパーボイスで話し、いつも困ったように笑っている女性です。

 

 

元気がなさそうだったので「調子悪いんですか?」と聞くと、「はい・・最近元気がなくて・・」と泣きそうな顔で笑うのです。聞くと5人の既婚男性と並行で不倫をしているとのこと。誰も奥さんと別れる気配もなく精神的に参っているというのです。

 

なんでそんなことになるのかさっぱりわかりませんでした。

 

たまたまある日、私がお世話になっていた取引先の男性(既婚)を今後の仕事を円滑にするために彼女に紹介したときのことです。明らかにその男性は、浮足だっていました。私と話すときと明らかに違うのです。

男性から「彼氏はいないの?」と聞かれると「いないんです・・・」といい、うるんだ瞳で「私、男性から好きって言われると好きになってしまうんです。ダメですよね・・」と畳みかけます。男性はもうファ~となってしまっています。

 

 

なるほど!と思いました。

彼女は性別年齢関係なく、すべてにこのような態度で接するのです。

相手との関係性や立場関係なく、「つらいから助けて」というシグナルを送ります。

イメージとして、暗いというより、弱弱しいという言葉が良く似合います。

暗い女性は嫌われますが、弱弱しい女性は、同性で年下の私でさえも、なんとか励まさなければという気持ちにさせられるのです。

 

男性ならなおのことでしょう。誰彼構わずそのようにふるまっているため、「彼女にはオレが必要だ!」と本気にしてしまう男性も多いと思います。

本気にする男性の中でも彼女が受け入れるのは、既婚男性ばかりでした。

 

彼女の生い立ちを聞きましたが、両親が離婚していたり、暴力があったりと家庭環境は恵まれているとは思えないものでした。

一般家庭に生まれて当たり前のように受けられる愛情が受けられていなかったことが、大人になって、多くの人に自分を気にかけてほしい、心配したり、愛情をかけてほしいととれるような振る舞いを引き起こしてしまうのかな、と勝手に分析しました。

 

 

そんな彼女は、この度結婚をしました。

しかし、その結婚相手は3股をしていたという不誠実な男性だということです。そんな話をまた憂いを帯びた表情で語り、「ほんとに私って駄目ですよね」というのです。

 

 

私は『こらアカンわ』と思いました。

彼女が不幸でいることは、彼女が彼女として保つために欠かせないものなのです。幸せな結婚を選ぶこともできたでしょうが、そうすると誰も彼女を心配してくれなくなります。あえて危なっかしい行動をとることで、彼女はイキイキしてくるのだ、こんな人に惑わされるのは時間の無駄、そう悟ったのでした。

 

 

これからも彼女に同情することなくウォッチングを続けよう、そう心に決めたのでした。