読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

府中トン子のただいま迷走中

四方山話を書くブログです。

ムネリンの年俸

プロ野球が開幕しました。

WBCもなんだかんだ言って楽しませてもらいましたが、いよいよ本シーズンが始まります。

 

WBCをきっかけに、ひいきのチーム以外にも興味が湧き、ライバルチームであるホークスやパリーグカープなどにも注目をするようになったのが大きな収穫です。

 

ここへきて、ホークスに移籍のニュースが舞い込んできました。

 

カブスから契約解除されたムネリンこと川崎宗則内野手ソフトバンク電撃復帰です。
ムネリンの事は海外のスポーツニュースでハイテンションの片言英語でインタビューを盛り上げたり、イチローが好きすぎる人というエキセントリックな印象しかありません。


契約解除されてしまったものの、カブスのファンにとって記憶に残る選手だったのではないでしょうか。

 

誰もが知っているムネリンを招き入れたソフトバンクは話題性としは抜群の選択でしたが、
ムネリンも35歳、守備に定評があるとはいえ、これから先の現役人生は右肩上がりとはいかないでしょう。そして内野手であるムネリン、松田宣浩選手や、今宮健太選手などスター選手揃いのソフトバンクでは内野争いが激しく入り込む余地がありません。

 

それでもソフトバンクがムネリンを獲得したのは、話題性という部分が大きいように思います。契約金は9000万円とのことですが、それだけ支払っても経済効果が見込めるものなのか甚だ疑問です。ニューヨークメッツから移籍された松坂と似た雰囲気を感じます。松坂の時は、12億円の契約だったのでさらに無駄使い感が否めません。

 

ソフトバンクホークスの母体はご存知ソフトバンクです。機種の割引を餌に長期契約を結ばせたり、一年のごくわずかの期間以外の契約解除には違約金を設けたり、機種変をするタイミングで新料金プランに変更を余儀なくされ、速度制限を課してきたりとアコギなやり方でチャリンチャリンとせしめてきた利益の一部は、流れ流れて彼らの契約金になっているかと思うと何とも言えない気分になります。

 

私はそんな料金体系に嫌気がさしてすでにソフトバンクとの契約は解除し、格安SIMに乗り換えました。契約に関してはムネリンとは入れ違いになったわけです。

 

ともあれ今期ムネリンの勇姿を見られることをライバルチームを応援しつつ楽しみにしています。