府中トン子のただいま迷走中

四方山話を書くブログです。

大根役者と呼ばれて

皆さんは見ていますか?ドラマ「あなたのことはそれほど(以下あなそれ)」。

私は日ごろドラマを見る習慣がないのですが、この春は少しテレビのある環境にいたこともあり「あなそれ」と、「フランケンシュタインの恋」、「小さな巨人」を何気なく見ていました。

途中でテレビのない生活に戻り、そのタイミングで「小さな巨人」は脱落したのですが、「あなそれ」と「フランケンシュタインの恋」はTVerで見続けています。(便利な世の中になりましたネ)

 

「あなそれ」は最初こそ、波瑠演じる渡辺美都と鈴木伸之演じる有島光軌のゲスいW不倫にイラつき、テレビに向かって二人に口汚く罵ったりしていました。

大概のドラマは主人公に共感や同情を持つものですが、「あなそれ」に関しては全く同情も共感もさせてくれません。

すがすがしいくらいアホな主人公はこのようなテレビドラマではなかなか珍しいように思います。それがこのドラマの新鮮なところであり、魅力と言えます。

 

ですが、回を追ううちにふと気づいたことがありました。

 

東出昌大演技上手くなってね??

 

東出昌大さんの演技は少々アレなことはご存知の方も多いと思います。

どれくらい世間に下手と思われているかというと、Yahoo!で「東出昌大」を検索すると関連検索ワードに「東出昌大 演技 下手過ぎる」と出てくるくらいです。

 

私が彼を初めて知ったのは映画「桐島、部活やめるってよ」でした。

主要キャストに抜擢された東出さんの役どころは、スクールカースト上位の男子高校生でイキがることはないがなんでもそこそこカッコよくこなすため周りから一目置かれた存在だったと思います。たぶん。

 

セリフも少ないし、感情を表にあまり出さない役だったため演技が悪目立ちをするということもなかったように思います。

 

「桐島~」のヒットに乗じて東出さんにも注目が集まり、その後もドラマや映画に出ることになります。私がその次に彼を見たのが朝ドラの「ごちそうさん」でした。

棒読みにつぐ棒読みで一話見ただけでいたたまれなくなり「ごちそうさん」とつぶやいてみるのを止めました。

 

東出さんはその後も大根役者の異名を欲しいままにしつつ、数々の作品に起用されます。

 

このイケメン俳優戦国時代のご時世、見た目が良くて演技もそこそこできる俳優はたくさんいるのにどうして東出さんにオファーがくるのか。

 

東出さんはイケメン俳優の中でも一度見たら忘れない顔だからだと思っています。

正直、私くらいの年齢でも、山﨑賢人と賀来賢人の違い、瀬戸康史千葉雄大の違いがもうわからなくなってきています。

というかどっちでもええんちゃう?とさえ思ってしまいます。

 

東出さんはというと80代の私の祖母でも認識できるのです。これって俳優さんにとって大切なことですよね。

 

しかしいかんせん大根役者なのです。俳優にとっては致命的です。ドラマを没頭してみようとしても演技が下手だとツッコミモードに転じてしまい、純粋に内容を楽しむことが出来なくなってしまいます。

 

「あなそれ」が始まる前には「おいおい、チミは作品の邪魔をしないでおくれよ」と思っていました。

 

正直、棒読みはまだ残っています。しかし彼が演じる渡辺涼太の嘘くさい程いい人なキャラクターには違和感はありませんでした。

「桐島~」の時のように役の雰囲気でごまかせる系だと思います。

 

次第に妻である渡辺美都の不倫を疑うようになり、涼太の内にある猟奇的な部分が見え隠れしてきます。

美都の前の穏やかな顔と裏腹に、美都が寝た後にスマホをチェックする様子はぞっとさせるものがあります。

また不倫していることを知っていると美都に告白するシーン。

感情を爆発させ、別れを言い渡すかと思いきや、「それでも愛し続ける」と不気味に明るい笑顔を振りまく演技はもうイケメン俳優とは思えない気持ち悪さが滲み出ます。

 

これって上手いってことですよね。

 

私は反省しました。あなたのことをどれほど見くびっていたでしょうか。これじゃ「あなどれ」です。実際見ていない間に一皮むけて侮れない俳優に成長していたのですね。

・・ええ、うまいこと言うたつもりです。

 

楽しみにしていた「あなそれ」も残すところあと一回。東出さんは最後どのような演技で私を魅了してくれるのか楽しみです。そして今後の東出さんを注目していきたいと思います。

 

広告を非表示にする